2010年12月04日

オリンピック選手を迎えて〜

rikujou.jpg

昨日は興奮しました! 五島市の小学校で陸上のすごい選手指導のもと陸上キッズクリニックがありました。4年後の長崎国体を意識してのものなのか?でもなんと日本陸協主催ですexclamation×2
熱心なわーい(嬉しい顔)陸上ファンとしては、駆けつけないわけにはいきません手(グー)

緑小の生徒さんと陸上関係者方、保護者など、こんなに間近であの世界級のパフォーマンスが見られるなんてぴかぴか(新しい)右斜め上


末續 慎吾選手(短距離100・200)パフォーマンスはスタートダッシュ!!まるで瞬間移動でした。

田野中 輔選手(110Mハードル)低学年の背くらいの高いハードルを目の前でまたいで走る。近くで見るとすごい迫力です。

右代 啓祐選手(混声十種)2メートル近いシャープな体型でしたが、砲丸・円盤投げ・やり投げのパフォーマンスを見せてくれました。広いはずの緑小のグラウンドなのに、ぜんぜん足りず軽く投げたやりはギリギリはしっこまでとびました。

猿山 力也選手(走幅跳)小学校の砂場に黒いゴムの助走レーンを敷いて、すぐ両脇には子供たち。いつもより短い助走ですが、目の前で跳んで空中を走った・・・そんな気がしました。


どれも子供達の反応がすごかったひらめき

だって、でっかい公式の陸上競技場ではなく、土の小学校のグラウンド。それもすぐ目の前であのパフォーマンスを見ることができるなんて、ホントにすごい事です。

そのあともグループに分かれて、それぞれ指導をしていただきました。
締めくくりは、リレーです。生徒代表各6名と選手でチームを作り、4チーム+先生チーム、しかも1週100mない小さなトラックを走りあせあせ(飛び散る汗)盛り上がりました。

最後に子供達全員は 4人の選手とハイタッチをして教室に帰っていきましたが、その後方部にこっそり並んで、私もハイタッチさせてもらいましたハートたち(複数ハート)
すると、後ろには保護者がずらりと並んでいた・・・ー(長音記号1)目

4人の選手には感謝、子供達の中からもこんなすごい選手が出てくるといいなあ・・・と思いました。

ちなみに、私は保護者でもないのですが、勝手に見させていただきました。ありがとうございました。
posted by 雨通宿 at 11:19| 長崎 ☀| Comment(0) | 陸上 お も い で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。